fintech_lab_resized
NUS フィンテック SG プログラム
フィンテックの将来性を実感してみませんか?
メディア紹介多数:
fintech_lab_resized

フィンテックのメンバーとして登録

FinTech Stock Image 2

NUS (シンガポール国立大学) コンピューティング学部 のフィンテックラボは
フィンテックの力によって私たちの日常生活を安全に変革するビジョンとする
体験学習ラボです。

NUSフィンテックラボへようこそ
191106nus0039
191106nus0592
previous arrow
next arrow

FinTech Lab

NUS FinTechラボにようこそ

FinTechラボでは、フィンテックはロケットサイエンスではないと言う事を示すようにしています。我々が体験学習の機会を提供する事で、誰もが手触りを感じ、実際に仕事で活用でき、その可能性を皆様のその手で実感できるフィンテック、と言う環境の創造を目指しています。

ミッションとビジョン

「FinTechで日常生活を安全に変革する」。私たちの使命は、エコシステムを教育することです。規制当局、弁護士、企業、イノベーター達が、FinTechプロジェクトをPOC(Proof Of Concepts、概念実証)から企業での実装に移行させる NUSオープンソースライブラリを開発し、グローバルに展開しようとしております。私たちのビジョンは、フィンテックを通じて、私たちの日常生活を安全な形で変革する事です。

FinTechラボは以下のメディアで報じられています:

産業エキスパート達

フィンテックアドバイザリーボード

産業エキスパート達

シンガポール国立大学(NUS)、コンピュータサイエンス学部学長からのメッセージ
mohan
「デジタル化が経済の重要な柱となる中、将来を担う人材や企業が真に成功するためには、知識や経験、リソース等を含めた資本を企業に提供することが重要です。NUS FinTech Labは、業界全体の力を結集し、デジタル社会の未来をナビゲートするための最高の知識とツールを提供するという、このミッションの最前線にいます。」
Mohan Kankanhalli教授 シンガポール国立大学コンピュータサイエンス学部学長、NUS FinTech Labアドバイザリーボード議長

今後のイベント

ニュース

富山県庁職員向けのデジタルスキル向上プログラム 「NUSデジタルトランスフォーメーションコース」がスタートしました。

NUSによって提供されるこの10週間のコースは、デジタルトランスフォーメーションとフィンテックの分野でより大きな役割を果たすための重要なスキル向上を目的として、富山県庁職員向けに開講されます。

「Japan Go Digital」と題したこの富山県庁職員向けオンラインプログラムは、富山県知事の新田八朗氏の協力のもと、リークワンユー公共政策学院とNUSフィンテックラボによって共同で開発されました。 プログラムはNUSコンピューティング学部のエグゼクティブ向け上級コンピューティング(ACE)センター准教授(実践)Keith B Carter氏、リークワンユー公共政策学院(LKYSPP)エグゼクティブ教育部門の非常勤教授 田村耕太郎氏、およびその他の著名なゲスト講師によって運営、提供されています。

 

 

全文はこちら

10月11日(トムソンロイター財団)-ロヤマハブーブが10年近く前にビットコインでアフガニスタンのスタッフとフリーランサーに支払いを始めたとき、彼女はこれらの女性たちにとって、8月のカブール陥落の後にデジタル通貨が国外へのチケットになることになるとは予想外のことだった。

 

非営利団体であるデジタル市民ファンドの創設者であるMahboob氏とその妹は、ヘラートとカブールのセンターで何千人もの女の子と女性に基本的なコンピュータースキルを教えた。また、彼女たちはブログを書いたり動画を作成したりすることにより、現金で報酬を得ることができた。

 

全文はこちら

NUSコンピューティング学部の教授陣 

年次デジタル教育及び年次教育優秀賞を受賞

 

ハロルド・ソー助教授、キース・カーター准教授、ヘン・チェン・スアン准教授、タン・ウィー・ケク准教授が年次教育優秀賞(ATEA)を受賞し、マーティン・ヘンツ准教授と彼のチームが共同で年次デジタル教育賞(ADEA)を受賞しました。

 

ATEAは、指導、教育デザイン、評価などの分野で優れた教育実践を採用した教員を表彰し、ADEAは、テクノロジーを導入した革新的な方法を開発した教員に授与されます。

 

 

全文はこちら

ICTセクターにおける「Tech-lite」の役割も果たすh地右葉がある:ジョセフィン・テオ

シンガポール国立大学のコンピューティング学部のキース・カーター准教授は、「よくある誤解はテクノロジー分野に参入するのは難しいということだ」と述べた。

 

この分野への参入に関心のある人は、自分の経歴がこの分野で成功するのにどのように役立つかを考える必要があります。 「私たちは皆が必要だ」と彼は付け加えた。

 

全文はこちら

DigiConnect @ Pioneer –金融リテラシー

「キース・カーター氏とそのチームが率いるNUS フィンテックラボと、Endowusのサミュエル・リー氏とSeedlyのイー・ミン・ファン氏の2人の特別ゲストスピーカーが、最初のシリーズである「金融リテラシーのトピックに関するフィンテック」に出演し、150人以上の非常に熱心な参加者と交流しました。」

 

 

全文はこちら

シンガポール初のCIOが語る、組織がデジタルトランスフォーメーションを成功させる方法

企業がデジタル時代に対応していくためには、デジタル・テクノロジーの活用が不可欠です。このことは、CIO(最高情報責任者)の役割がこれまで以上に重要になっていることを意味しています。シンガポール国立大学コンピュータサイエンス学部のAlex Siow教授が、シンガポール初のCIOとしての経験を語り、組織がデジタルトランスフォーメーションを成功させるためのヒントを紹介します。

MoneyFM89.3では、Alex Siow教授を招き、デジタル・ディスラプションについて、組織がデジタル・トランスフォーメーションを成功させるにはどうすればよいかについてお話を伺いました。加えて、中小企業がデジタル化するためにIT専門家がどのように支援できるかについても触れました。

全文はこちら

University Blockchain Research Initiative(UBRI)のポッドキャストの最新版「ブロックチェーンのすべて」をお届けします。このポッドキャストは、主要スポンサーであるリップル社による教育的な取り組みであり、グローバルな研究者によるブロックチェーン上で構築されている最新の研究や応用に焦点を当てています。

最初の数話では「ブロックチェーン・フォー・グッド」をテーマにしており、ブロックチェーン技術を活用する事でヘルスケア、エネルギー、畜産農業などの分野で実際に起きている課題を解決している研究者たちを取り上げております。

シンガポール・フィンテック・フェスティバルを皮切りに、NUS FinTech LabはEndowus社、Grab Finance社、The Fifth Person社、Seedly社と共同で、あらゆる層の人々にアプローチすることを目的として、ホーカーセンターでの金融リテラシー講座を開始します。

NUS FinTech LabのディレクターであるKeith B. Carter准教授 (実務担当)は、次のように説明しています。「このプログラムは、金融リテラシーがほとんどない人たちを対象に、予算の立て方から投資の仕方、老後の生活まで、適切な判断をするために必要な基礎知識を身につけてもらうことを目的としています。また、すでに金融のノウハウを持ち、フィンテックに興味を持っている人には、Endowusのようなパートナーとのトレーニングやメンターシップを提供し、専門知識の習得を加速させ、フィンテックでのキャリアを後押しします。」

全文はこちら

ブロックチェーンのエコシステムは、コミュニティの精神で成立しています。私たちは、 NUS FinTech Lab との最新のパートナーシップを紹介できることを嬉しく思います。優秀な教育機関の学生や卒業生と関わりを持ち、彼らの旅を豊かにする機会を得ることは、次世代の才能を育むための多くの方法の一つであり、そうしたビジョンをラボと共有できることを誇りに思います。シンガポールはアジアの中核的なイノベーション・ハブの一つであり、未来への準備が出来ていれば、デジタル経済を真に受け入れ、この時代に成功することができます。

全文はこちら

洪梓颖: 新心相连助我看见梦想

新加坡国立大学应届毕业生洪梓颖持有工商管理文凭,但她却想踏入金融科技领域,因此决定在毕业后参加强化课程提升自己,如今通过“新心相连”毕业生实习计划(SGUnited Traineeship Programme),在本地一家银行的金融科技部门担任培训生。

国大商学院工商管理毕业生洪梓颖(26岁)毕业后梦想在金融科技领域工作,但却缺乏相关的学业背景和工作经验,所以在毕业后决定参加国大新开办的国大—新加坡金融科技计划(NUS-FinTechSG Programme)。

7月刚开办的课程为期两个月,是全日制强化课程,内容涉及金融服务技术和商业基础。

洪梓颖认为,国大—新加坡金融科技计划下的课程由国大教授以及星展集团(DBS)、瑞银集团(UBS),以及电玩游戏供应商雷蛇(Razer)等知名公司联合开办,给予他踏入金融科技领域、成为开发员的好机会。

Extracted from https://www.zaobao.com.sg/znews/singapore/story20200920-1086264

この記事では、シンガポールのフィンテック業界で仕事を得るためのさまざまな道筋を紹介します。これには、良い成績を収めること、複数のインターンシップを経験すること、大学院のトレーニングプログラムを確保することなどが含まれます。現在学生の方で、フィンテック業界への進路を検討されている方は、以下のリンクをクリックし、このトピックについての理解を深めて頂けると幸いです。

全文はこちら

ほんの2カ月前、Na Yi Rong氏は、金融テクノロジー(FinTech)についてほとんど何も知ら利ませんでした。シンガポール国立大学(NUS)のエンジニアリングサイエンス学科を卒業した同氏は、 NUS-FinTechSG Programme プログラムに参加していた時にオファーを受け、現在は地元のフィンテックスタートアップ企業でプロダクトマネジメントのリーダーとしてフルタイムで働いています。このプログラムは、 NUS FinTech LabStrategic Technology Management Institute (STMI) が共同で開発したもので、シンガポールの次世代のフィンテック人材とフルスタック開発者を育成するために、2020年7月6日に開始されました。

全文はこちら

NUS FinTech Labは、多国籍企業、中小企業、プロフェッショナル向けに利用できるシンガポール政府からの資金援助についての調査を行いました。詳細をご覧になりたい方は、下の「続きを読む」ボタンをクリック頂けると幸いです。

続きを読む

シンガポール国立大学コンピュータサイエンス学部 コンピュータサイエンス学部は、2020年7月6日に「NUS-FinTechSGプログラム」を開始しました。 NUS FinTech ラボと Strategic Technology Management Institute (STMI) が提供するこの新しいプログラムは、シンガポールの次世代のフィンテック人材とフルスタック開発者の育成を目的としています。学生は、フロントエンドとバックエンドの開発、クラウドシステム、ブロックチェーン、アルゴリズム取引についても学びます。

全文はこちら

シンガポール国立大学(NUS)は、学生やミッドキャリアでの進路変更志望者を対象とした2ヶ月間の集中コースを開設しました。このコースの卒業生は、UBS、Razer、Bank of Singaporeなどのパートナー企業で各自のスキルを生かす機会を得て、最終的にはその企業に就職する事になる可能性もあります。オンラインで実施されるNUS-FinTechSGプログラムは、Covid-19パンデミックの影響でインターンシップがキャンセルされたという学生の話を受けて、NUS FinTech LabとStrategic Technology Management Instituteがこの度考案したものです。

全文はこちら

シンガポール国立大学コンピュータサイエンス学部と、グローバルな決済のための先進的なエンタープライズソリューションを提供するリップル社は、この度、シンガポールのフィンテック分野の成長を促進する目的で設立された「NUS FinTechラボ」の立ち上げを発表しました。

全文はこちら

タイムライン
loading

スポンサー

パートナー
ニュースレター